ブログトップ
清志郎さん
昨晩立ち寄ったJZで、福田さんから聞いて驚いた…
てっきり癌を克服、順調に回復しつつあると思ってた。
とてもパワフルなイメージの人だったから。
偉大な人、偉人だったと思う。

清志郎さんの思い出、
初めて会ったのは、6才とか7才あたりらしい。
この歌の「逃げるんだ げるんだー」のくだりが強烈に記憶に残っている。
その当時住んでいた家の隣の三菱自動車のショールーム兼修理工場に、
今思うとキャンペーンの一環で彼がこの歌を歌いに来ていて、
その当時の僕は最も近所の遊び場といえば
そのショールームというぐらい(今考えると迷惑だね…)の場所だったので、
その日ももちろん遊びに行って、きっと迷惑かけたんじゃないかな。

奇抜なメイクと白いスーツ、
床に転がる無数のカラフルな風船、
そしてあのフレーズが記憶に残ってる。
その時は、清志郎さんだとは知らなかったんだけど。

次の記憶は大学のJAZZ研時代、
先輩のドラマー水田さんが音楽をやる切欠となった「タイマーズ」を教えてくれた。
その流れでRCサクセションも聴いた。

その次の記憶、
清志郎さんが自転車好きという話をよく聞くようになった頃、
たまたま遊びに行っていた今は無き「恵比寿MILK」に
サイクリングウェアの三人組のユニットで出演しているのを見た。
ど派手なウェアとヘルメット、サングラスが凄く似合っていて、
格好良かった。

自由であることの価値を体現してくれた、
自由であることに勇気をくれる、
稀有なアーティストだったと思います。

人は生まれ、死ぬまでに
どれだけの邂逅を繰り返し
どこに辿り着くのでしょうか。

全てのそれぞれにそれは起こっていて、
その全てはリンクしているとしたら。
しかもそれはこの同じ時代という一瞬の出来事で、
日本、世界、地球を同じ時間という単位、価値の中で起こっている出来事だ。
意識している、していないに関わらず。
この果てしない規模の宇宙という中にある、地球という星でうねるエネルギー。

そうして、改めて思う
どこに辿り着くのだろう?
清志郎さんは、どこに辿り着いたのだろう?
表現するということ、それは
その境涯を分け与えることでもあるのかもしれない。
そこにはエゴは存在せず、大きな流れのなかにいる自分、あなた、
共通認識であるべきだと思う。

ご冥福をお祈りします。
[PR]
by fusikblog | 2009-05-03 10:10
<< JZbrat → FLOATRIBE BABOLAT >>



SINSUKE FUJIEDAのblog
by fusikblog
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
SINSUKE FUJIEDA profile
藤枝 伸介
SINSUKE FUJIEDA

Charlie Parkerに衝撃を受け、18歳よりSAXを始める。
2004年より国内外のフェス出演やプロデュースワークにより ハウス/クロスオーバーシーンにおいて話題を呼んだi-depのSAX/フロントマンとして活動を重ねる。

その柔軟かつエネルギッシュな感性に多く人が注目を集める中、 アンダーグラウンドダンスミュージックシーンの重鎮、 井上薫氏との共同プロジェクトFusik(フュージック)を結成。
プロデューサーとしてのキャリアをスタート。

JAZZを大きなルーツに
テクノ、ハウス、ファンク、トライバル、チルアウトなどありとあらゆる音楽的要素を取り込み昇華し、映像的ともいえる作品を造り上げる音楽性は、一人のSAX奏者が作り出す音楽の枠を遥かに超え、独自の高揚感と開放感を伴った世界観を提示する。

その評価は音楽業界のみならずアートや映像業界からも多く好評を得ている。

2009年6月3日
今迄に経験した全てのキャリアを集結し、自身の名を冠したソロ・プロジェクト「SINSUKE FUJIEDA GROUP / EVOLUTION」を満を持してリリース。

amazon
http://www.amazon.co.jp/EVOLUTION-SINSUKE-FUJIEDA-GROUP/dp/B0021LSXOG/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1241315349&sr=8-1

SFG HP.
SINSUKEFUJIEDA.com
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧