ブログトップ
<   2008年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧
Day after tomorrow and yesterday
明後日金曜日は宇都宮Planetに行ってきます。
AKAKAGEさんのイベント「La Fiesta」にSAX&DJとして出演します。
先日の福岡以来、AKAKAGEさんのDJとの二度目のSession Live。
是非遊びに来て下さい。必見です。

そういえば…従姉妹が宇都宮で看護婦やってたな…来るかな?笑

今日は新宿にてストリート、
久々の永田真毅くんの登場。

最近ご無沙汰だったけど、
やっぱり俺達相性いいみたい(笑
ベースの海道さんも(最近は「カイドーユタカ」と表記しているらしい)、一緒にやっていて気持ちがいい。

最近ストリートをやっていると、以前と反応の感触が変わってきているように思うんだ。
言葉にすると上手く言えない…
あえて言うと・・・突き刺さっている気がする。
よかったよ、とかじゃない。

最近は新アルバムの制作に向けて色々思うことが多く、
つい一喜一憂しがちな日々なんだけど
こうして路上で演奏して、
自分自身を確認することが
凄く支えになっている。

ちゃんと伝わるんだって。
価値のあることとして。

神の無いこの時代に、
この場所に生きている同じ世代の一人として、
突き抜ける。

自分たちの存在意義、
音楽をこれほどの人たちが欲する理由、
それはきっとここにあるのだと。
f0142068_4451929.jpg

[PR]
by fusikblog | 2008-07-31 04:47
ふと立ち止まる
昨日に続き、素晴らしい夕焼けだった…
自分以外にも、空を見上げる人、思わず写真に収める人がちらほら。
結構、皆空観てるんだね。
f0142068_20391450.jpg

この場所での夕焼けを楽しみにしているのは自分だけではないようだ。

帰り道、良く通る近所の花屋さんの店先に素敵な画が展示してあった。
迷ったが、思い切って店に飛び込んで尋ねる。
どうやら描いたのはこの店のオーナーの娘さんらしい。
話した方はお父様らしく、喜んでいた。話しかけて良かった。

前々から少し考えてはいたんだけど、
こんな画がジャケットだったら…素敵だろうな!
色々条件さえ整ったら、アプローチしてみようかな

一つの作品を作る際、つい楽曲にばかり目が行きがちだけど
こうして新しい出会いが建設的な発展を遂げていくことこそ
大きな醍醐味。
[PR]
by fusikblog | 2008-07-28 20:41
pink色に包まれる
f0142068_2340255.jpg

思わず外に飛び出してしまった・・・

ちょっと現実逃避気味。。。
この空にも似て。

見えている空は、その時点の自分の心を顕すらしい。
ということを聞いたことがある。
ピンクか…

次のアルバムのことを考えていたら、いつしかジャケの事を考えていた…
思わず画材を買いに行きそうになる。
明確なイメージ。

「食人族」ってかなり昔の映画があって、小学校通学中の電柱にその映画の看板がぶら下げてあって
気色悪がりつつ、
タブーを冒しているような感覚を覚えながら
通学していた夏の日を
思い出した。(映画は未だ観てない)

Liveの前も、いつもそうだけど
急激に逃避したくなる。
追い込まれて、なんとなく見えてくるまでそれは続く。
f0142068_23481360.jpg

[PR]
by fusikblog | 2008-07-27 23:49
@Shinjyuku
にてストリート。
楽しい!
アブストラクトな放熱…
暑い夏に食べたくなる激辛のカレーのような音。かな?

休憩中に感じる地面からの熱が特に暑かった。
空気の動きが重い。

花火大会の帰りか浴衣姿の女性多し。
夏~~~

今日の一枚。
f0142068_231525.jpg

[PR]
by fusikblog | 2008-07-27 02:53
market report
先日のリキッドレポ
語り口が民放っぽい?笑

最近晴れた日は、先日作ってもらったパナマ帽をかぶって出歩いてる。
気分がいい。
ちゃんとしたものを身に着けるって大事なことだと思った。

下北沢で五十嵐君と打ち合わせ後歩いていたらリンさんにばったり。
速そうな自転車に乗っていた。

僕の格好を見て、
「都会を拒否してる」
って言われた。

海・・・
f0142068_1744177.jpg

[PR]
by fusikblog | 2008-07-24 17:57
誠意
先日スカパラの冷牟田さんが脱退したというニュースを聞いた。

どんな理由、流れであれ
今後歩みを一緒にしない旨をファンに伝えるのは義務だし、
最低限の誠意だと思う。

きっと発表されている理由だけでないものもあるのだと思う。
傍から観ていると、あんなにうまくいっていそうなのに何故?
と思えるけど、
色々あるんだろうな。

バンドは続けば続いただけ、いいものになると思う。
独特な価値を創造しながら。
それは稀有なことだからこそ、
価値のあることなんだ。

主要メンバーが抜け、それでも前に進む姿にこそ価値があるし、
その危機を乗り越えてさらに素晴らしいものになっていく姿にこそ
夢を見ることが出来る。
f0142068_901227.jpg

同じ一日は一日として無い。
[PR]
by fusikblog | 2008-07-23 09:01
残念ながら
先日Blogで紹介した≪TOKYO KLF≫は僕の予想した人物ではないようだ…

残念、非常に残念。音良かっただけに。
その人に良かったよってメール送ったら、自分ではない旨の連絡があった。

結構昔の音源(KLFね)なのに、皆同じようなことしようとしてるのかなぁ。
凄く不思議。
歴史的名盤であることは間違いないけど、なんで今同じ時期に?
しかも紹介文のギミックのセンスもその人と同方向だっただけに。

もっとオリジナリティのある企画なのかと思っていたのに。
どのシーンにも、そこ独特の流行があるのかな。
そしてそれはそのシーン外の人間にとっては何故そういう話になっているのかという原因も流れも見えない。

分からんな~
まぁどうでもいいけど
f0142068_054167.jpg

今度会ったら聞いてみよ。
[PR]
by fusikblog | 2008-07-22 00:07
0720
世田谷線からの風景は、海沿いの町を感じさせる。
f0142068_11342728.jpg

近所で夏祭り。
f0142068_11512418.jpg

ここに集まっているのは、きっと皆近所の方なんだろう…子供多し。
f0142068_1135592.jpg

曲によって、円になって踊る方向が時計回りか逆時計回りか決まっているらしい。
f0142068_11354767.jpg

和太鼓は花形。現代のDJみたい。太鼓がいいと踊りも盛り上がる。
f0142068_11362018.jpg

八木節(やぎぶし)、郡上音頭(ぐじょうおんど)が上手く叩けると、和太鼓奏者としていい感じらしい。。。
[PR]
by fusikblog | 2008-07-21 11:44
line,red curve,blue slope
f0142068_6231653.jpg
一昨日からの昼夜逆転生活、今日も夕方横になってさっき目が覚めた。
朝まで、リハまで時間はたっぷりある・・・
曲作ったり、ライブの準備に入ったりすると寝食と自分の体内時計、テンションがかみ合わなくなってくる。一人時差ぼけ。

最近出来た新曲を何人かに送ってみた。
反応は人それぞれ。
どうやって作ったか?とか気になるのはわかるけど、はっきり言ってどうでもいいことだよ。

どう感じたか、
何が見えたか、
どんな気持ちにさせられたか、

そういう話が聴きたい。
もっと自分の感覚を信じて欲しい。
そこまで達せさせてあげられなかったのは、自分の未熟さなのか。

自分の作った音から観える世界を、自分がまず誰よりも愛している。
[PR]
by fusikblog | 2008-07-20 00:28
昨日から
2時間くらい寝て目が覚めてしまう変な睡眠形態になってしまい、頭がぼーっとしてる。

寝る前の電話、
相手にひどいことを言ってしまった。
言葉のあや、では無いのかもしれない。
ふと目が覚めると、
どこか驕っていた自分に気付く。

自分自身の価値基準を自分が尊重しているように、
心から別の人のそれを尊重することって難しい。
自分はこんなに大切にされていたのに。


寝起きでボーっとする中何気なくTVを点けると、
数年前に(?)女性の間で流行した「セックス・アンド・シティ」というアメリカのTVドラマが放送されていた。
話の進行のテンポがよく、ついつい引き込まれて観てしまうのも分かる。

ああいうのをガールズ・トークというのかな?
ひたすら恋愛や生活の「ぶっちゃけ話」のようなものを覗き見している感覚だった。
女性に流行した理由、一言で言えば
「共感」だと


明日はこんなイベントがあるらしい。
通称エレパブ、自分にとって懐かしい、また縁の深いイベントでもある。
初めて触れたクラブ・カルチャー。
その告知文の中で、非常に面白そうなユニットを発見…

【TOKYO KLF】
2005年末シングルのトラックダウン中ABBAと間違えてABE(NATSUMI)をサンプリングしていたことに気付き急遽活動停止。ABE(NATSUMI)に対しサンプリング使用の承諾を得る為事務所にむかったが、ただのファンと間違われ門前払いとなる。我々はこの不当な扱いに対し非常にシリアスだ。

笑…
しかもTime Tableを見ると、ライブ時間10分って…
このギミックの雰囲気からして…あの人かな~
紹介文に反して(相俟って)HPで聴ける音は、相当ヤバイ!
f0142068_5125129.jpg

≪追記≫
Liveは深夜3時~(3:10まで...
[PR]
by fusikblog | 2008-07-19 05:18



SINSUKE FUJIEDAのblog
by fusikblog
SINSUKE FUJIEDA profile
藤枝 伸介
SINSUKE FUJIEDA

Charlie Parkerに衝撃を受け、18歳よりSAXを始める。
2004年より国内外のフェス出演やプロデュースワークにより ハウス/クロスオーバーシーンにおいて話題を呼んだi-depのSAX/フロントマンとして活動を重ねる。

その柔軟かつエネルギッシュな感性に多く人が注目を集める中、 アンダーグラウンドダンスミュージックシーンの重鎮、 井上薫氏との共同プロジェクトFusik(フュージック)を結成。
プロデューサーとしてのキャリアをスタート。

JAZZを大きなルーツに
テクノ、ハウス、ファンク、トライバル、チルアウトなどありとあらゆる音楽的要素を取り込み昇華し、映像的ともいえる作品を造り上げる音楽性は、一人のSAX奏者が作り出す音楽の枠を遥かに超え、独自の高揚感と開放感を伴った世界観を提示する。

その評価は音楽業界のみならずアートや映像業界からも多く好評を得ている。

2009年6月3日
今迄に経験した全てのキャリアを集結し、自身の名を冠したソロ・プロジェクト「SINSUKE FUJIEDA GROUP / EVOLUTION」を満を持してリリース。

amazon
http://www.amazon.co.jp/EVOLUTION-SINSUKE-FUJIEDA-GROUP/dp/B0021LSXOG/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1241315349&sr=8-1

SFG HP.
SINSUKEFUJIEDA.com
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧