ブログトップ
<   2009年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
flute@砧公園
f0142068_10151365.jpg
最近はSANKYOのfluteが欲しいですね…。
今使ってるのはmuramatsuの古いやつ。
muramatsuの方がしっとりとしていて男性的な音色、
SANKYOは女性的、もっと爽やかな音色。
個人的な印象ですが…
より、キャラクターが立つイメージ。
[PR]
by fusikblog | 2009-04-30 10:20
いよいよ
アルバムジャケット入稿まで、
大詰めです。。。

いよいよ…頂上です。
f0142068_4224188.jpg
気分はこんな感じ?w

最後の一歩まで、
想いが届きますように。
[PR]
by fusikblog | 2009-04-28 04:29
Standing Alone.

敬愛するsax奏者の一人、宮沢昭氏のソロ。
いい音してるなぁ。

昔良く聴いていたアルバムを紹介。
「野百合」宮沢 昭(東芝EMI TOCT6631)
宮沢 昭(ts) 渋谷 毅(p) 1991年12月5日、6日録音

浅川マキプロデュースによるSax × PianoのDuo作品。
大学出たての頃、良く聴いていた。
カセットテープしか持っていなく、しかも現在は行方不明。。。
感動作。

毎年のように、年に一回くらいどうしても聴きたくなる音源って無い?
この作品もそうなので色々探してみたんだけど
何故か廃盤により手に入らない。。。
誰か持ってない?見つけたら教えて。
f0142068_147329.jpg

[PR]
by fusikblog | 2009-04-26 01:54
うーん
パリ、テキサスのサントラが見つからない…(涙)

きっと誰かに貸したまま、返ってきてないんだろう。
お気に入りだった。
これを機にDVDをまた見てみよう。
折角なのでどこか映画館で、また見れないかな。
f0142068_14111266.jpg
この映画を初めて観た当時、
美しくも翳(かげ)のある、ナスターシャ・キンスキーに惚れた。
あの赤のモヘアのニットが、似合いすぎる。
(写真は白黒でゴメンw)
主演のハリー・ディーン・スタントンはDavid Lynchの映画にもよく出演してる。
切ない映画だったなぁ・・・

最近、映画のサウンドトラックを良く聴いてる。
DAVID LYNCH全般、
Cinema Paradiso、


気に入った映画のサントラは、大体買うようにしている。
耳にするとその映画とシーンが蘇ってくるし、
その頃の出来事や気持ちも蘇る。

結構、当時聴いていた曲や歌でそういう状況になる人が多いらしいけど、
音楽はある意味恒常的に接しているので
今ではなかなかそういう曲が少なくなった。
高校生の頃聴いていた曲とかは、なんとなくそういうのある。
現在の自分にとってそういうものは、映画だったりするのかな。

昔から探していて、さっきやっと見つけたサントラ(喜)
マット・ディロン主演
「DRUGSTORE COWBOY」
オープニングの、アビー・リンカーンの歌とジェリ・アレンのピアノのDUOが素晴らしくて、
ずっと探してた。
もう十年以上?

早く届かないかな。
[PR]
by fusikblog | 2009-04-24 14:16
明日、明後日、明々後日
明日、明後日ストリートやるよ。(予定)

明日(金)
drums 永田くん el-bass 徳永賢二くん 

明後日(土)
drums 永田くん wood bass 塩見さん

場所、時間は未定。
f0142068_455860.jpg
明々後日(日)は一十三十一ちゃんのliveを観に行こうと思ってる。
今回のアルバム完成に伴い、素敵なコメントを寄せてくれた。
今週末の土日、会場は代官山のLoopという箱でやるみたい。
open18:00 start19:00

喉のポリープ手術、出産を経験した彼女の久々のワンマン。
プレミアムな時間になると思うよ。
お勧めです。
f0142068_4561375.jpg

そうそう、
六月のアルバム発売に伴い、TOURをやろうと思ってます!
(五月発売予定で動いていたのですが、事情により六月になりました。笑)
是非お祝いに、遊びに来てね。
アルバム発売&ツアー詳細はまた後日!
[PR]
by fusikblog | 2009-04-24 04:33
10 minutes older cello
f0142068_69961.jpg
もしも死ぬとしたら予告されたい?
それとも突然?

言語、労働、真実、教育、啓示、言霊…

様々な想いを馳せつつ、
最終的にゴダールにぶっ飛ばされた。

ゴダール凄い。
[PR]
by fusikblog | 2009-04-22 06:14
次回Floatribeの告知です
f0142068_5243786.jpg

Flyer Design : IPPI



===

2009.05.02 Saturday
"FLOATRIBE"
at UNIT http://www.unit-tokyo.com

<UNIT>
DJ:
KAORU INOUE (SEEDS AND GROUND)
KENTARO IWAKI (DUB ARCHANOID TRIM/BLOWMAN)

VJ: SAKOTA HARUKA

SOUND FOCUS: MORIKAWA(R.H.S)
DECORATION: SOICHIRO KANEKO

<SALOON>
DJ:
FOOG
KANETOSHI(SINDBAD)
HAJIME MURAYAMA
JAM (NEUTRAL/Strawberry Funk)

FOOD:
futsalcafe KEL

<UNICE>
~麻空のお部屋~
DJ:
TANABE, KOMINATO, MIGHT-Z∞, KAZUSHI, 麻空 and more

---
B1F ART EXHIBITION:
“DANCEDANCE!DANCE!”
ATSUO MORRISHITA

---
FLYER DESIGN:
IPPI (VISIONS) http://www.ippi.jp

-----
OPEN/START: 23:00
ADMISSION: Door 3,100yen / With Flyer 2,600yen

●ご来場くださった方お一人につき一本の木が植えられます。
■森作りの場所
タイ国のラノーン県ムアン市ンガオ区4ラーン村。面積5ヘクタール、植えられる
木の
本数約20,000本。実施期間2008年~2010年。毎年6月~10月に木を植えます。
■プログラムの実績:合計25,500本
2009年度はさらに20,000本の植林を予定しています。FLOATRIBEでは、内2,600本
の木
を植えました。

---

UNIT: http://www.unit-tokyo.com
Tel. 03-5459-8630 / Za House Buil. 1-34-17 Ebisu-nishi Shibuya-ku Tokyo
東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 ザ・ハウスビル

●FLOATRIBE MySpace http://www.myspace.com/floatribe

-----

KAORU INOUE (SEEDS AND GROUND) :
DJ活動と平行して'94年より音楽制作を本格的にスタート。”chari chari”とし
ての2枚のアルバム『spring to summer』『in time』は日本のみならず世界でも高い
評価を得た。『in time』からカットされた「Aurora」は世界中の様々なミックスCDや
コンピレーションに収録され、今でも世界中のダンスフロアで愛され続けるクラシッ
クスに。'03年、"CRUE-L"傘下に自身のレーベル"SEEDS AND GROUND"を立ち上げ、
「Aurora」制作時のパートナーであるDSKとギター・インスト・ユニット”AURORA”を結成、
'04秋にデビュー・アルバム『FLARE』をリリースした。'05年夏には本名"Kaoru Inoue"
としては初となるダンス・オリエンテッドなアルバム『The Dancer』をリリース。
'06年には、ヨガDVDのサウンドトラックを元にしたアンビエント色豊かな『Slow Motion』と、
シンプルにギター2本の織りと響きに焦点を当てた"AURORA"のセカンド『Fjord』の2枚のアルバムと、SEEDS AND GROUND初のレーベル・コンピレーション『SAG VOYAGE 2006』、久々のミックスCD『groundrhythm 2』をリリースした。”chari chari”の3rdアルバムも近日制作開始予定と、
精力的な制作活動を行っている。現在の主なDJ活動としては、”groundrhythm”(代官山AIR)、”
FLOATRIBE”(代官山UNIT)を中心に、屋内外大小問わず多方面にて活躍中。
http://www.seedsandground.com/

KENTARO IWAKI (Dub Archanoid Trim/BLOWMAN) :
自身のプロジェクト”Dub Archanoid Trim”として2枚のアルバムをこれまでにリ
リース。「Atoms In Drum」、「Children feat. Ras Takashi」などの収録曲はワ
ールドワイドでも高い評価を得た。また、アンビエント・プロジェクト”BLOWMAN”と
しても活動。ファースト・アルバム『Blue Nuit』(44Musique)以来の待望のニューア
ルバム『Respect For Self Respect For Others』(mule musiq)を08年5月にリリー
ス、映像作家SATO-ANとのコラボレーション(DVD付)により視覚にも訴える新たな試み
に挑戦した。シングルの近作としては、曽我部恵一とのコラボレーション・シングル
「TELEPHONE LOVE」、Frank Mullerと共にリミキサーとして参加したシングル
「INNOVATION(KENTARO IWAKI Remix)」などが記憶に新しい。
DJとしては、井上薫との共同主催による”FLOATRIBE”(代官山UNIT)、自身のロング
セット・パーティ”prizm”(代官山SALOON/盛岡DJ BAR DAI/福岡Keith Flag)を軸
に全国各地でプレイ。また3枚のDJミックス作品、『Izanai』(mule musiq)と『ItaloOld』(IRMA/KING)、そして自身のパーティのオフィシャル・リリース作品『FLOATRIBE』(Rambling Records)をリリースしてきた。2008年には単独で「日本一周DJの旅」を半年間に渡り決行し話題を呼んだ。趣味である旅の感覚と、シスコ・スタイラス時代に培った豊富な知識が融合した深みのあるプレイ・スタイルは、各
地から支持が厚い。また、”kiwai graphic”としてグラフィック・ワークも展開している。
1972年生まれ。富山出身。動物、植物、ジャズ、宇宙、鉱物、温泉、山、水、美味しいもの好き。細胞を踊らせるDJ。

FOOG:
マシン・ミュージックの「野性」を、飽くなき探究心と最新テクノロジーで追い求める男、FOOG。脳と身体を揺らす事のみを目的に、DJおよび制作活動を行う。2007年、ファースト・アルバム『ONE』にて唐突にデビュー。2008年、セカンド・アルバム『dots and spaces』をリリース。同年mule electronic より、EP
『DECLINATION/NOWHERE』リリース。東京都江東区ゼロメートル地帯出身。
http://www.myspace.com/eequefoog

SAKOTA HARUKA :
グラフィックデザイナー、映像作家。2000年にデザイン/映像制作チームKLOMAを結成、 2001年からROVOのVJを務め、国内外のライヴやツアーに同行。これまでROVOの他に、EGO WRAPPIN'、ohana、A Hundred Birdsほか数々のアーティストのPVやライヴ映像、アートワークを制作。UKの映像フェスone dot zeroへの出品や、メディアアートの祭典Ars Electronicaへの参加などで、海外からも注目を集める。2006年にKLOMA解散。迫田悠名義で活動を始め、ライヴや舞台の映像演出へ積極的に取り組む。
京都精華大学での勝井祐二・大友良英とのセッション、東京国際フォーラムにおけるタップダンサー熊谷和徳ソロ公演の映像演出などを担当。手塚治虫氏の大作「火の鳥」をモチーフにしたSystem7の新「Hinotori」を、保谷ひばり・渡部暁と共に「ムー℃マジック」名義で映像化するなど、PV制作にも力を入れている。
http://www.sakotaharuka.com/
f0142068_534301.jpg

[PR]
by fusikblog | 2009-04-17 05:33
MULHOLLAND DR.
爆音映画祭で上映が決定したようです。
投票による上位三位まで上映、のはずでしたが残念ながら四位だった...
にも関わらず。

[PR]
by fusikblog | 2009-04-13 15:43
音楽と人
f0142068_5122930.jpg
様々な人がいて
様々な音楽があり

様々な楽しみ方があり
様々な踊り方がある。

大切なのは
貫くこと
卑屈になることなく

ただ真っ直ぐに
進んで行こう
[PR]
by fusikblog | 2009-04-12 05:10
Medley

[PR]
by fusikblog | 2009-04-11 01:46



SINSUKE FUJIEDAのblog
by fusikblog
SINSUKE FUJIEDA profile
藤枝 伸介
SINSUKE FUJIEDA

Charlie Parkerに衝撃を受け、18歳よりSAXを始める。
2004年より国内外のフェス出演やプロデュースワークにより ハウス/クロスオーバーシーンにおいて話題を呼んだi-depのSAX/フロントマンとして活動を重ねる。

その柔軟かつエネルギッシュな感性に多く人が注目を集める中、 アンダーグラウンドダンスミュージックシーンの重鎮、 井上薫氏との共同プロジェクトFusik(フュージック)を結成。
プロデューサーとしてのキャリアをスタート。

JAZZを大きなルーツに
テクノ、ハウス、ファンク、トライバル、チルアウトなどありとあらゆる音楽的要素を取り込み昇華し、映像的ともいえる作品を造り上げる音楽性は、一人のSAX奏者が作り出す音楽の枠を遥かに超え、独自の高揚感と開放感を伴った世界観を提示する。

その評価は音楽業界のみならずアートや映像業界からも多く好評を得ている。

2009年6月3日
今迄に経験した全てのキャリアを集結し、自身の名を冠したソロ・プロジェクト「SINSUKE FUJIEDA GROUP / EVOLUTION」を満を持してリリース。

amazon
http://www.amazon.co.jp/EVOLUTION-SINSUKE-FUJIEDA-GROUP/dp/B0021LSXOG/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1241315349&sr=8-1

SFG HP.
SINSUKEFUJIEDA.com
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧