ブログトップ
これからStreet Liveやります
f0142068_1975545.jpg
Drums : Masaki Nagata
Bass : Yoshihito Koizumi
soprano sax : SINSUKE FUJIEDA

西武新宿前で、20時~の予定です。
永田君と会うの、一ヶ月ぶりだな。

今日は月が綺麗だね。
[PR]
# by fusikblog | 2009-04-09 19:07
神楽
f0142068_4284188.jpg


[PR]
# by fusikblog | 2009-04-08 04:30
S T R E E T L I V E
f0142068_2361280.jpg
soprano sax : SINSUKE FUJIEDA
drums : George Kano
wood bass : Akitoshi Shiomi

新宿駅南口でのPlay。
久々に、色々と邪魔も入らず最後まで出来た。
最近購入したStraight Altoを良く一人で吹いていたので、
久々のsopranoはより自分に近く
またより自由な気持ち

今回は新アルバム告知の手刷りチラシを持参していたので、
いつも以上に気合も入る。
演奏を聴いて、アルバムを手に取ってくれる事を祈ります。

初対面だったベースの塩見さん、
普段は会社に勤めている方だそうですが
素晴らしい演奏でした!
技術だけでなく、柔軟性と何より演奏する喜びを音から感じる
Nice Playerです。
JOYです。
先日もwoodbassの柳原さんと久々のブッキングでしたが、
エレベよりウッドベースの方がより自由度が高く感じる。
フレットがないこと等、
楽器の構造も大きく関係しているのでしょうか。

桜の季節ということで海外からの観光客も多く、
またそういう方に嬉しい言葉をかけていただけるのも
醍醐味です。

また新しい門出の時期ということもあり
未だぎこちないスーツ姿の若者も
不思議そうに眺めています。
新入社員ですか?と声をかけた方は
大学の新入生でした。。。

こういう場所で演奏しているといろんな方に会うもんですが、
昨日はアルバムにも一曲参加してくれたKenkou君ご一行、
あとは昔i-depを吉祥寺のClubにブッキングしてくれた方に再会。

暑くもなく、寒くもなく
今くらいの気候が外演奏にはちょうどいいかも。
[PR]
# by fusikblog | 2009-04-06 23:23
B L O O M
f0142068_11318100.jpg
f0142068_1141144.jpg
f0142068_1142415.jpg
f0142068_1145261.jpg
f0142068_1151562.jpg
f0142068_1153365.jpg
f0142068_1154970.jpg
f0142068_116336.jpg
f0142068_1162853.jpg
f0142068_1164287.jpg
f0142068_117151.jpg
f0142068_1173348.jpg
f0142068_1113036.jpg
f0142068_1181344.jpg

[PR]
# by fusikblog | 2009-04-06 11:08
SHIGERU TANABU → KENTARO IWAKI
f0142068_0252282.jpg
今回のアルバムでも片腕というべき位置で参加してくれた
SHIGERU TANABUさんのリリパ
『Adrian & Another Daze W Release Party』@ SOUND Bar+へ。

このイベントを最後に、札幌へと居を移す田名部さんのPlay。
現在の彼の色、志向、興味、色々と感じられた気がします。
今後、札幌でどの様に進化・深化していくのか楽しみです。
f0142068_0355484.jpg
その後KENTARO IWAKIの待つUNITへ。

健太郎さんは3:30からの予定でしたが
前にやっているLIVEが大分押し、
4:20辺りからのスタート。

定期的に開催しているイベントとは違い、
こういった色んな人が出演するイベントにおいて
場を作る難しさもあったと思うにも拘らず
さすがのPlay。

結局ばっちり踊らされました。
アルバム完成のお祝いに、
SAXが映えるTrackを何曲か続けてかけてくれるという
憎い心遣いも。

身体を張って、やっている凄み。
[PR]
# by fusikblog | 2009-04-05 00:43
瞑想 漲る想い
f0142068_241582.jpg
今自分が何に興味を抱いているのか、
今何をするべきか、
何が出来るか、

瞑想というにはまだまだ程遠いですが、
一つの作品を完成させた今
大切な時間な気がします。

今回の作品が出来上がった時、全てを出し切った思いもあり
今もし死んでしまっても後悔は無いと思っていましたが
また新たなVISIONが浮かんできて
それへの挑戦、興味、
湧いてきてしまいました。

そして今回の作品も
未だ終わりではなかった、
名前を変え、形を変え、絶えず変化していく表層と
変わることのない 波動、世界観。

今後大切なのは
とらわれず、大胆に、効率よく
瞑想が何かを与えてくれるはずです。


立ち寄ったつけ麺屋さん「しましょう」

一口目、あまりに上品な味に
最近の濃い口に慣れてしまった自分には物足りなく感じたんだけど
最終的には作り手の漲る想い、美観に感動させられてしまった。

例え好みではなかったとしても、
そこに作り手の溢れんばかりの想いと誠実があれば、
人を感動させることが出来る。

音で波動が伝わるように、
食に波動がないわけがない。
当たり前のことなんだけど、
今までそこまで意識していなかったな。
皆同じなんだ。
[PR]
# by fusikblog | 2009-04-03 02:41
寿命
f0142068_14405728.jpg
携帯治りました。

何だったんだ?
要は、寿命ではないということらしい。

よろしく。
[PR]
# by fusikblog | 2009-04-02 14:43
携帯終了
f0142068_0262858.jpg
早速、最近機種変したiphoneが故障した模様

ホームボタンが作動せず…

しばらく携帯メール見れそうにありません。

通話は出来ますが、充電できていないようなので
いつまで電池が持つか…

しばらく御用の方は…念を送ってくださいw

はぁ。。。

写真はGeorge New Drums on street
[PR]
# by fusikblog | 2009-04-02 00:29
浄化
f0142068_1322768.jpg
スマッジング、って知ってますか?

先日IPPI君、またASUKAに教えてもらって以来
寝起きや出かける前に気付いたときにやってて、
しばらく続いてる。
朝のお祈りのようなもの。

一つのエネルギー、一つの意志を
持ち また発するとき、
同調するエネルギーと渦になって
相乗的に上ることもあれば
逆の回転を発するエネルギーとの摩擦や存在が
明確に分かるものです。

そういったものへの
ひいては自分自身へのネガティブな感情を鎮め
またそういったものから護る、浄化する作用があるらしい。

ネイティブアメリカンに伝わる
伝統的な方法らしいんだけど、
IPPI君が言っていた通り
思いのほか効果的で
驚いています。

うる覚えなんだけど、
浄化があり癒しがあり、その上でないと高めることは出来ないという
順序立っているプロセスも好きかな。
道理、というか。
歴史も感じる。

気になる方、薦めます。
[PR]
# by fusikblog | 2009-04-01 13:02
アー写公開
enaさんから、先日撮影したアー写が多数送られてきました。
f0142068_12551796.jpg
f0142068_12553087.jpg
f0142068_1256338.jpg
f0142068_1258533.jpg
f0142068_1312375.jpg
f0142068_1314045.jpg
f0142068_131522.jpg

Blog Topの写真も変わったんだけど、
気付いたかな?

この他にも沢山あるんだけど、
どれもこれも気に入ってます。

逆に一枚に絞れない…
[PR]
# by fusikblog | 2009-03-31 13:05



SINSUKE FUJIEDAのblog
by fusikblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
SINSUKE FUJIEDA profile
藤枝 伸介
SINSUKE FUJIEDA

Charlie Parkerに衝撃を受け、18歳よりSAXを始める。
2004年より国内外のフェス出演やプロデュースワークにより ハウス/クロスオーバーシーンにおいて話題を呼んだi-depのSAX/フロントマンとして活動を重ねる。

その柔軟かつエネルギッシュな感性に多く人が注目を集める中、 アンダーグラウンドダンスミュージックシーンの重鎮、 井上薫氏との共同プロジェクトFusik(フュージック)を結成。
プロデューサーとしてのキャリアをスタート。

JAZZを大きなルーツに
テクノ、ハウス、ファンク、トライバル、チルアウトなどありとあらゆる音楽的要素を取り込み昇華し、映像的ともいえる作品を造り上げる音楽性は、一人のSAX奏者が作り出す音楽の枠を遥かに超え、独自の高揚感と開放感を伴った世界観を提示する。

その評価は音楽業界のみならずアートや映像業界からも多く好評を得ている。

2009年6月3日
今迄に経験した全てのキャリアを集結し、自身の名を冠したソロ・プロジェクト「SINSUKE FUJIEDA GROUP / EVOLUTION」を満を持してリリース。

amazon
http://www.amazon.co.jp/EVOLUTION-SINSUKE-FUJIEDA-GROUP/dp/B0021LSXOG/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1241315349&sr=8-1

SFG HP.
SINSUKEFUJIEDA.com
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧