ブログトップ
夜桜
f0142068_1002463.jpg
造花だけどね笑

Amaranth = アマランス【ギリシア語】
ギリシア神話に由来。
決して落花しない(伝説上の)不死の花・不死花常花
永遠に深紅色の花をつき咲きつづける不死性の象徴とされた。

…なるほど。

本物の桜も少しずつ咲き始めてきました
f0142068_1044896.jpg
ふと、アルバム出来上がって良かった…と
もしまだ出来てなかったら、、、
今頃。。。

春ですね
[PR]
# by fusikblog | 2009-03-30 10:08
爆音映画祭
f0142068_13302568.jpg
毎年5月に吉祥寺で行われているという映画祭「爆音映画祭」というイベントで、
敬愛する映画監督David Lynchの作品「マルホランド・ドライブ」が
上映候補としてノミネートされているようです。

「爆音映画祭」というイベント、
「世界一音の大きな映画祭」と銘打ち
爆音で見てみたい映画を映画館で上映する会のようです。

「吉祥寺の映画館バウスシアターにてライブハウス並のセットを組んで
ものすごい再現性の音響で映画を鑑賞するという映画の祭典」とのこと。

爆音でマルホランド・ドライブを改めて観たいかどうかは疑問ですが...
(どちらかというと、INLAND EMPIREを追体験したい気分)
こういう企画には、つい足を運びたくなります。
こういった特殊な環境で改めて観てみると、
また新たな発見があるかも。

投票により選ばれた上位3作品が上映されるようですが、
現在最終決選投票に 「マルホランド・ドライブ」が残っています。
(3/28現在、15作品中 第3位)

興味がある方、投票よろしく~。
[PR]
# by fusikblog | 2009-03-28 13:34
VENUS FLY TRAPP
f0142068_19382166.jpg
川村由紀さん
素晴らしいPLAYと佇まい。
感動。

DJやってる感覚としては、遊女なんだって言ってた。
違ったかな?
全身でもてなす、という意味だったように聞こえた。
深い。

みるみる変わる音像と、
場に流れる空気。
いいPLAYをするDJに「恋してしまう」感覚も体験。
彼女の操作する目に見えない波動に取り込まれ、
同調してしまう事で動かされる心。

現実界に起こりうる魔法、とは
この波をコントロールする能力に他ならないのかもしれない。

DJにしろSAXにしろ、
10年やってなんぼ。

むしろ答えは、その先にある。
[PR]
# by fusikblog | 2009-03-27 19:53
音楽が音楽であるために
まだ、

自分の全精力を注ぎ込む対象として、
希望を失いたくない。

岡本太郎の作品のように、
その存在だけで、
全てであるべきなのに。

CDというパッケージのフォーマットを選択した時点で、
様々なシチュエーションで聴かれ、
しかも配信という手段が流通している昨今
曲順という魅せ方さえままならない。

耳当たりのよいメロディ、
歌詞
情報としてサービスとして分かりやすいものでなければ、
今の「細い管」には適応できない。
いくら音質に拘ったところで、
mp3に変換され
シャッフルされる。

殆どの消費者はそれを望んでいるばかりか、
動かす立場の人間でさえ
その前提に足並みを揃える。

結局、自分は自分が受けた感動の上にある音楽しか出来ないし、
表現したい部分もそれ以上でも以下でもない。

もし音楽がそういうものでないというなら、
音楽が芸術でないというのなら、
取り組む意味を見つけることが出来ない。

岡本太郎の画に釘付けにされたように、
Charlie Parkerのインプロビゼーションに度肝を抜かれたように、
音楽が、音楽であって欲しい。
音楽が、芸術であって欲しい。
[PR]
# by fusikblog | 2009-03-26 01:51
W B C
f0142068_1574199.jpg
泣けた!
でも泣けるのって、良く考えると不思議だよね。
よくよく考えてみれば、自分とはあまり関係ない出来事なのに。
当人達の感動や爆発するエネルギーが、
画面から波動として伝わるからなんでしょうか。

もし優勝できなかったらまた目にしたであろう、
日本のマスコミ特有の、
いじめにも似た
上げた分おとしいれる
執拗なバッシングを回避できたことも
非常に良かった。
そしてそれを回避できたことは、
恐らく偶然ではないのでしょう。

最高の場面でキッチリ打ったイチロー、
抜群の安定感で抑えた岩隈投手、
しかし誰よりも
あの才能集団をまとめ上げた原監督を尊敬します。

無我の境地に達した感のある表情で、
淡々と役割に徹していた感が伺えます。

実は野球には結構縁が深くて
小3から小6までソフトボール、
中学時代は野球をやっていました。
昔はよく父親と巨人戦を観ていました。

最近は野球中継を見ることも殆ど無くなったけど、
こういう緊張感のある舞台での試合、
スポーツの醍醐味。
音楽でもそうか。
人類の進化しようとする試み。

マクドナルドの過剰な宣伝と、
清原の謎の解説には
笑わせてもらいました。

昨日3月24日はDJ豊作の日、
井上薫氏
伊藤陽一郎氏の
誕生日でした。

おめでとうございます!
[PR]
# by fusikblog | 2009-03-25 02:05
h o m o l o g y
f0142068_0515625.jpg
f0142068_0521950.jpg

[PR]
# by fusikblog | 2009-03-23 00:53
届きますように。
f0142068_6171159.jpg

詰め込んだものが、
そのまま、
届きますように。
[PR]
# by fusikblog | 2009-03-22 06:20
波動 = 力学 = KIRK = SANDERS = TARO
f0142068_2230428.jpg

こんなに時も忘れて吹き続けるのも、
久しぶり。
たまたま付けて貰った、総銀製のネックが
これまたいい感じなんだ~
時空を超えて。
[PR]
# by fusikblog | 2009-03-21 22:34
吉祥寺
f0142068_18185119.jpg

ちょっと裏道に入ると、
屋台みたいな店が立ち並ぶ。

屋外の開放感と、
昭和を感じる集落の佇まいが心地よい。

外の通り沿いに席があるような所で飲むの、
好きなんだ~

西荻窪の戎(えびす)、最近行ってないな。
近所にも戎って店が出来たけど、
同系列なんだろうか。

今月のSTUDIO VOICEの坂本龍一氏へのインタビュー、
インタビュアーは友人でもあるWhy Sheep?でした。
教授の新作を聴いていないので何とも言えないが、
インタビューは彼(WS)らしい切り口だったかな。

いい季節になってきた。
[PR]
# by fusikblog | 2009-03-20 18:21
3/26(木)STORY@WAREHOUSE702
f0142068_1240459.jpg
f0142068_12402084.jpg

今日も暖かい、いい天気ですね。
今日は昨日IPPIさんに教えてもらった
White sageの煙で目覚めました。
ちょっとはまりそうです。

来週木曜日23日、
都内ではあまりお目にかけられていない
DJ伊藤陽一郎氏とのSessionがあります。
今回はcargoのGOKU君のMCも久々に一緒です。

ディスカウントご希望の方は直接連絡頂くか、
コメント欄にコメント残しておいてください。

お待ちしています!

************************

「 Story 」
SCENE#06
Hommage to the " PRETTY WOMAN "

[ DATE ]
2009.03.26.THU 22:00-05:00

[ PLACE ]
WAREHOUSE702
港区麻布十番 1-4-5 深尾ビルB1F
TEL.03-6230-0343
http://www.warehouse702.com

[ FEE ]
2,500円

[ RESIDENT DJS ]
伊藤陽一郎 a.k.a. AKAKAGE
http://www.myspace.com/akakagetokyo
寺本りえ子
http://plaza.rakuten.co.jp/riecon

[ SPECIAL SESSION GUEST ]
藤枝伸介 (i-dep / Fusik / SFG)
http://www.i-dep.jp
http://www.fusik.jp
GOKU (cargo)
http://www.cargo-jp.com

[ GUEST DJ ]
川村由紀 (VENUS FLY TRAPP)
http://venusflytrapp.com

[ RESIDENT VJ ]
TOOWAII
http://www.toowa2.com

[ BURLESQUE DANCER ]
MISS CABARETTA
http://pksp.jp/cabaretta

[ FEATURING DRINK ]
MOET & CHANDON with STRAWBERRY

[ DJS ]
ARATA NAKAMURA (Story)
KAZUYA KOMAZAKI 13 (Story)
MIZUKI (Story)
YUI (DuenDe/BEATitude/Champadelic)

[ TIME TABLE ]
22:00-23:00 YUI
23:00-23:50 MIZUKI
23:50-24:40 KAZUYA KOMAZAKI 13
24:40-01:30 寺本りえ子
01:30-02:30 VENUS FLY TRAPP
02:30-02:50 MISS CABARETTA (DRINK TIME)
02:50-04:00 伊藤陽一郎 with 藤枝伸介+GOKU
04:00-05:00 ARATA NAKAMURA
[PR]
# by fusikblog | 2009-03-19 12:52



SINSUKE FUJIEDAのblog
by fusikblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
SINSUKE FUJIEDA profile
藤枝 伸介
SINSUKE FUJIEDA

Charlie Parkerに衝撃を受け、18歳よりSAXを始める。
2004年より国内外のフェス出演やプロデュースワークにより ハウス/クロスオーバーシーンにおいて話題を呼んだi-depのSAX/フロントマンとして活動を重ねる。

その柔軟かつエネルギッシュな感性に多く人が注目を集める中、 アンダーグラウンドダンスミュージックシーンの重鎮、 井上薫氏との共同プロジェクトFusik(フュージック)を結成。
プロデューサーとしてのキャリアをスタート。

JAZZを大きなルーツに
テクノ、ハウス、ファンク、トライバル、チルアウトなどありとあらゆる音楽的要素を取り込み昇華し、映像的ともいえる作品を造り上げる音楽性は、一人のSAX奏者が作り出す音楽の枠を遥かに超え、独自の高揚感と開放感を伴った世界観を提示する。

その評価は音楽業界のみならずアートや映像業界からも多く好評を得ている。

2009年6月3日
今迄に経験した全てのキャリアを集結し、自身の名を冠したソロ・プロジェクト「SINSUKE FUJIEDA GROUP / EVOLUTION」を満を持してリリース。

amazon
http://www.amazon.co.jp/EVOLUTION-SINSUKE-FUJIEDA-GROUP/dp/B0021LSXOG/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1241315349&sr=8-1

SFG HP.
SINSUKEFUJIEDA.com
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧